顎ニキビの原因は食事の食べ過ぎ

顎ニキビの原因にはいくつか考えられることがあります。一つはホルモンバランスの乱れや胃腸が悪い、便秘しているなどの体調不良などによって肌のターンオーバーが滞ってしまったり、間違ったスキンケアをしていて毛穴が詰まることで顎ニキビができてしまう場合があります

 

また本人の行動や服装、紫外線の影響などの外的な要因も否定できません。頬杖をつく癖がある、うつぶせ寝の癖があり摩擦が起こる、マフラーやタートルネックなどで刺激がある、紫外線ケアをしていないなどがそれに当たります

 

その他にも食事が原因となっている場合があります

 

例えば栄養価が高くて積極的にとるべき食品と考えられているものでも、顎ニキビにとっては良くないというものもあるのです。次でみていきましょう

 

顎ニキビになりやすい食品とは?

顎ニキビになりやすい食品は実は「チーズ、タマゴ、大豆」などです

栄養価も高くて身体に良いイメージのものばかりなので意外に思われるかもしれませんね。確かに栄養的に優れている食品なのですが、ただし顎ニキビにとってはちょっとクセモノなのです

 

チーズは乾燥した地域で作られ食べられている食品なので、本来日本の湿気の多い気候にはあまり合っていません。そして発酵食品として重宝されている納豆とかミソなども、食べ過ぎてしまうのはいけません。脂を含んでいますので、顎ニキビを誘発してしまいます

 

食べ物のことで考えられること、食べると良いもの

顎ニキビ、食べ物のことで考えられることとしては、ミネラルを使ってしまう甘いもの、朝明などをとってしまうとタマゴ、チーズ、豆類を食べたくなりますので、その点も見直していきましょう。肌荒れしてきたな、顎ニキビが治らないなと感じたらスキンケアを買えるという発想よりも、食べ物で改善するという事を考えましょう

 

例えば胃腸の調子を整えるビフィズス菌、食物繊維を積極的にとるなどすると、便秘も解消されてニキビに効果がある、ということが挙げられますね。人間の身体というのは食べたものでできています。肌も爪も髪の毛も…ですから、食べ物を買えるということは根本的に健康になる早道なのです

 

 

>>顎ニキビ 男性がメルラインで解消 TOP